RE-DüREr

machinima マシニマ | Hui Wai Keung | 2016

RE-DüRER is a rework of Albrecht Dürer’s engravings.  The artist reinerprets the concepts and sentiments of melancholy as inspired by Dürer’s three well-known engravings.  Instead of using engraving, the artist employed video game as a medium and hacked a popular video game to generate the visual content.  RE-DüRER is a work about reason, morals, utopia, faith and humanism.

アルブレヒト・デューラーの版画をビデオゲームの映像で再現した作品。作者は、デューラーの有名な3つの版画に着想を得て、そのコンセプトと哀愁の心情を再解釈した。版画を用いる代わりに、ビデオゲームを素材とし、ある人気ビデオゲームをハッキングしてビジュアル素材を作り出した。本作は、理性、道徳、ユートピア、運命、人文主義に関する作品である。