procession

video game ビデオゲーム | Edwin Lo | 2016

Based on field recordings made in 2007, Procession reveals the resonance of religious occasion of Taoism procession of the Hunger Ghost Festival in a simulated environment.  The work situates sound in a video game, reexamining gestures of listening as well as the relationships between auditory and visual experiences in a digital environment. It foregrounds sound as a subject matter in video game, an attempt of the artist to create and suggest a game-sound hybrid.

道教儀式であるハングリー・ゴースト・フェスティバル(中元)のフィールド・レコーディング(2007年)に基づき、コンピューター・シミュレーションの世界で宗教的行事の喚起を明らかにする作品。ビデオゲームにおけるサウンドについて、デジタル環境の中での聴く行為とともに、聴覚と視覚経験の間にある関係性を再考する。ゲームでの主題として、音を最前面に配したこの作品は、ゲームとサウンドの混合体の創造を示している。