bad trip

video game ビデオゲーム | Alan Kwan | 2012

Bad Trip is an immersive virtual reality installation that allows people to navigate the artist's memories using a game controller.

For over one year, every moment of the artist's life has been documented by a video camera mounted on glasses, producing an expanding database of digitalized memories. Using custom virtual reality software, he created a virtual mindscape where people could navigate, and experience his memories and dreams during this period of his life.

アーティスト自身の記憶をたどる、体験型バーチャルリアリティ・インスタレーション。眼鏡に取り付けたビデオカメラで、1年以上にわたって自身の行動を記録し、デジタル化された記憶の拡張データベースを構築した。そして、独自の仮想現実ソフトを使い、利用者が操縦し、彼の記憶や夢を経験できるバーチャル・マインドスケープを制作した。